集客しやすいホームページの作り方

ホームページを作成して、多くの人を集客するためには工夫しながら作成していく必要があります。どのようなホームページだと集客しやすいのかをこれからお話します。すべて理解する事によって、アクセス数が伸びる可能性があります。

リンクを貼ってホームページの価値を上げる

サーチエンジン世界シェアトップの某企業は、被リンク数が多いホームページをサーチエンジン順位で優遇する戦略をとってきました。最近は滞在時間など様々な要素が順位に影響するようになっていますが、それでも…

ためになる情報を多く書く

ホームページを開設して集客をアップしていくためには、多くの人が知っている情報ばかり書いてもなかなか見てくれる人が多くならないです。そこで、見る人の心理を考える必要があり、多くの人が役に立つ情報を求…

最新の情報を記載する

ホームページで集客できるかどうかは、コンテンツの内容が重要です。閲覧者に興味を持ってもらえるコンテンツにすれば、その後も継続して集客しやすくなります。しかし、順調に集客できていたとしても、安心しな…

ホームページ作成でやってはいけない事

他のホームページの内容をコピーして自分のサイトに貼りつけない

かつてサーチエンジンのロボットは今と比べてそんなに高い情報分析能力を持ち併せていませんでした。そのため、他のホームページからのコピペ(コピー&ペーストの略)を多用したつぎはぎページでも上位を狙えた…

画像や写真などは著作権違反に注意する

ホームページを作る時、画像や写真でページを飾り付けるのは、ごく当たり前の手法です。見た目がきれいなページなら、それだけ目を引きやすくなりますからね。しかし、画像や写真をホームページで使用するには、…

ホームページ制作で初めにやること

ホームページ制作をしたいと思った時には、外注する事によって完成度の高いデザインのホームページを用意する事が出来ます。

間違った情報ばかり記載しない事

私設ホームページでも公共的な文章という側面がある

インターネット上のホームページとは、大きく分けて企業が運営する公共的メディアと個人が作る私設メディアに分かれます。そして公共的なメディアしか信用しない人もいる一方、私設メディアの中で人気が高いorサーチエンジン順位が高いホームページを参考書と思っている人もいます。つまり、発信者は気楽に運営していても、サーチエンジン順位が高くなってくると周囲からは公共物扱いされている側面がある事を忘れてはなりません。間違った事ばかりが掲載されたページがあると、公共的メディアとして扱ってくれているユーザー達の信頼を失う事につながります。1ページでも間違いまみれのページがあったらヘビーユーザーが二度とアクセスしてくれなくなる恐れもありますので、不確実な情報は記載してはなりません。

サーチエンジンの品質も考える

不確実な事を書いてはならない理由は他にもあり、検索結果とはそのサーチエンジンにとっての「品質そのもの」です。サーチエンジン順位が高いホームページの中に間違った情報が多く混じっていると、上位に表示してくれているサーチエンジンの品質自体が疑われます。さらに、サーチエンジン会社が手動で各分野のオーソリティーサイトを選抜しているとすると、間違いが多い事により、手動で平均順位を落とされてしまう恐れもあります。そういったような事が本当に起きてしまった場合、どんなに頑張ってもサーチエンジンの検索結果上位になかなか戻って来られないかもしれません。そのため、ホームページ運営者というものは、サーチエンジンの品質維持・向上のためにも100%確実な情報のみを書く必要があります。

© Copyright Helpful Homepage. All Rights Reserved.